STORY

HOME | STORY

ウェディングプランナーの不在

 
結婚式。私も本番に何度も涙を流したことがあります。これまで伝えられなかった感謝を伝える機会になったり、改めて相手・家族・友人との絆を深める機会になるなど、本当にかけがえのないイベントです。
 
一方で、参加者のリアルな声の中には「結婚式っていつも同じ」「自己満足に感じた」「テーブル内の会話は楽しかったけどそれ以外覚えていない」「おしゃれだったけど以上という感じ」そんなシビアなものも多くあります。当時20代の私は、そんな現実に葛藤を感じていました。
 
2003年新卒で大手結婚式専門会社に入社し、ウェディングプランナーとして配属されました。ただ、その仕事はイメージとは違っていました。営業成績が評価される営業職ですし、多数の件数を効率よく回転させるためにプランナー1人が多くの担当を持っていて多忙なため、打ち合わせにはほとんど不在です。新郎新婦は花の打合せは花の担当者と、演出・照明の打合せはその担当者と、音楽は自分で決めて音響担当者に提出・・・と、全て別々の担当者と打ち合わせし、希望を伝えていきます。それはどういう状況かというと、全ての選択・その経緯を把握している人間が新郎新婦以外に居ないということです。例えばプランナーの中には、自分が担当した新婦がどの様なドレスを着るのか、どの様な花を選んだのか、どの様な曲を選んだのかなどを知らない人も少なくなくありません。
 
単純なことで、全体を把握できていて選択の経緯にいれば、必要な時に軌道修正したり、的確なアドバイスをすることができるのですが、何か知らないことがある状況では、的確なアドバイスも、ましてや全体を統括するディレクションはできません。そんなウェディングプランナーの仕事は、プランナーというよりも、新郎新婦の希望をお伺いしそのお伺いした希望を具現化する「お承り係」でした。
 
例えば映画やスポーツチームには監督、舞台には演出家、企業にはCEOなど、どの様な組織にも必ずリーダー・ディレクターが居ると思います。そしてその人1人で大きく結果が変わるほど、リーダーは重要な役割です。ですがウェディングだけはリーダーが不在なのです。結婚式を主催することが初めての新郎新婦が、一生懸命SNSや事例をリサーチして考え、衣装・装飾・音楽・演出などを選択しています。その状況は映画で言うなら、映画出演初めての主演俳優が、衣装や大道具、音楽、そして脚本を考えているようなものです。ただ、結婚式も映画もそれでも完成はします。ただ、たとえプロの映画監督でも監督によって映画が変わるように、出来るものに明らかな違いができます。
 
リーダーのいない結婚式の現場では、当日、この会場にこの衣装?この衣装にこの装花?この装花にこの照明?この雰囲気にこの音楽?など、チグハグしていることが実は少なくありません。それは実はただビジュアル的にまとまりがないということではなく、その違和感によって伝えたいことを伝わりにくくしたり、居心地の悪さを生んでしまったりします。それが文頭のゲストのリアルな声を生んでいるのです。違和感が悪目立ちすると「お金持ちを見せつけられた」そんなステイタスの象徴に映ってしまうことすらあるのも結婚式です。
 
「リーダーが不在だろうが、それが結婚式」と言ってしまえばそうなのですが、当時20代前半の私は、新郎新婦が準備期間に費やす努力やお金と、その結果二人が非難される状況が腑に落ちず、葛藤していました。
 
「結婚式を本質的に価値あるものにしたい」
「ウェディングプランナーという名に恥じない仕事がしたい」
 
その思いが強くなればなるほど、それをどうしても実現できない体制・環境に、一度は心底嫌になってこの仕事を辞めました。
 
その後2年ほど違う職に就きましたが、もう一度自分が叶えられなかったウェディングプランナーの仕事に向き合いたいと思いました。まず絶対条件は全ての打ち合わせに同席し、的を射た意見ができるくらい、全体をしっかり把握できる環境を持つこと。それは月に10件も担当を持っている環境では実現できません。いくつかの会社に面接に行った際「担当するウェディングは月3〜4件までにしたい」という条件を伝えると、どの会社からも断られてしまいました。当たり前ですね(苦笑)。断っていただいてようやく、会社の利益を考えられないのに、会社からお給料をいただこうとする自分が間違っていることに気付きました。自分の思うベストなウェディングプランナーを追求するためにこの方法しかなかったのが「フリーランスでウェディングプランナーをすること」でした。
 
2009年秋に活動を開始、予算が全くなかったので、2010年1月にWedding LABの屋号で自分でホームページを作りました。さぁこれでスタートしたと思っていたのですが、当時、「結婚決めたらゼクシィ」が当たり前の概念でしたから、100%に近いほとんどのカップルが、結婚式の開催を決めたら、雑誌やネットで“会場探し”を始めます。私のホームページは、インターネットで「ウェディングプランナー」と検索して頂かない限り、見つけていただくことができません。なんと開始から1年半、1件も問い合わせが無いのが現実でした。30代にしてアルバイトや派遣で生計を立てる苦しい時期でしたが「知られるのに時間がかかるだけ。絶対に必要な選択肢。」という自信を失うことはなく続けたことが、自分の最も良かったところだと思います。
 
しばらくして日本の既成概念(結婚式開催を決めたら会場探し)にとらわれない国際結婚のカップルや、クリエイターやデザイナーなどのお仕事の方から依頼を頂くようになりました。レストランはじめ、高層マンション内のラウンジやテレビスタジオ、邸宅など、カップルが希望された施設にウェディング機能として入り、ウェディングをプロデュースするということをしていましたが、2013年、その事例を見た開業準備中のアンダーズ東京から、開業に向けてオファーを受け、ホテルとフリーランスが協業するという新しいスタイルを築くことになります。
 
現在も当時のまま、お承りする組数を制限し、全体を統括・ディレクションする時間を確保し結婚式を手掛けています。よくフリーランスのフォトグラファーさん、ヘアメイクさんなどに、「少しでも件数を入れれば稼げるし、空いている週末もあるのに、ちゃんとストップ、断れるのが凄い。そのストッパーは何ですか?」と聞かれますが、「絶対にクオリティを守りたいから」という理由に尽きます。
 
そうしてつくられる結婚式は、新郎新婦だけでなくゲストや、ホテルなど企業からも高い評価をいただいており、現在ではホテルやレストランのウェディングスタートアップ〜運営をお任せいただくまでになりました。 例えばVOGUEウェディングサロンのマネージャーさんのウェディングをお任せいただいた際には、ゲストの半数がウェディングのプロという機会もありましたが、そんなウェディングを何千と見てきたプロの参加者からも「この結婚式、段違い」「エンカナマジック!」などのお声(投稿)を頂戴しています。

新 郎 新 婦

 
ここまでは私たちのウェディングの作り方・スタンスをお伝えしましたが、同時に大切なのが、結婚式の主催者である新郎新婦お二人にも、同じ方向を向いていただくことです。
 
結婚式準備は常に“選択”の岐路に立っていると言えます。『ウェディング・ハイ』という映画でも言っていましたが「選択地獄」です(笑)
 
最も難しいのが、二人の希望を優先する【新郎新婦軸】か、またはゲストに喜んでいただくことを優先する【ゲスト軸】かの選択です。もちろん理想的には両立を目指していくのですが、結婚式ではどうしてもどちらかしか選択できない(どちらかを選択すれば、どちらかを諦めることになる)シチュエーションが多くあります。
 
ある時お打ち合わせで、お二人に装花や音楽のお好みをお伺いした際、新郎がこう仰いました。
 
「え?僕らの好みですか?僕らにも好みはあるけど、僕らの好みになってもなぁ(笑)結婚式で用意するそれらは僕らのためでなく来てくれるみんなに喜んでもらう為に用意する物なので、みんなが喜ぶように用意してもらえたら、それが本望です」
 
こちらはかなり極めていらっしゃる例ですが、これが【ゲスト軸】です。私たちはそんな【ゲスト軸】を核にしています。端的にお伝えすると、二人の希望とゲストの喜ぶことを天秤にかけなければいけない時は、ゲストの喜ぶこと、もとい「二人がゲストから喜んでいただけること」を優先しています。
 
なぜ【ゲスト軸】でプロデュースさせていただいているかと言うと、それが私たちが目指す結婚式に繋がるからです。
 
私たちは、結婚式以上に『結婚式のその後』が重要と考えています。結婚式は紛れもなくお二人にとっての BIG DAY ですが、あっという間に過去になる、人生の通過点に過ぎない1日でもあります。いつもと同じ24時間で過ぎ去り、明日が来ます。だからこそ、このイベント自体がゴールではいけないと思っています。このイベントがお二人のその後の人生にどのようなインパクトを与えるかが大事ではないでしょうか。もしこの結婚式が、前の章で書いたように、ゲストに「自己満足」と感じられるものであれば、翌日からそういうレッテルを貼られてしまうのです。例えば、私は現在イギリスで暮らしていますが、イギリスでも女子たちが「あの子 This is my wedding! て言ったのよ」なんて話しているのを聞きました。花嫁は「私は主役よ!だから私の思う通りにしてよ!」という気持ちがあった様です。それを10年以上経っても言われ続けるのも結婚式なんです。結婚式を機に友人関係が壊れてしまったという例も、実は少なくないんですよ。
 
2人の結婚式が、ゲストにとっても良い思い出となって欲しいです。ゲストに「この結婚式に参加して良かった」「なんだか幸せな時間だった」と思っていただきたいです。新郎新婦同士は勿論、参加してくださる大切な方々との絆をより固い絆で結ぶ機会になって欲しいです。結婚式を介して二人のことをより深く知り、好きになって欲しいです。そうして結婚式という機会が、翌日からの未来へ後押しするようなものであって欲しいと、心から思っています。それが私たちが【ゲスト軸】を核としている理由です。
 
一方で先にもお伝えした、新郎新婦の希望を伺いその希望を具現化して作っていくという一般的な結婚式の作り方は【新郎新婦軸】で成り立っています。これは新郎新婦が、私たち“会場のお客様”という構図の上にあります。私は新卒で大手結婚式場に入社した時から、そこに違和感を感じていました。
 
「ノーを言わない」「希望を全て叶える」と聞くと聞こえは良いのですが、それは同時にその結果がチグハグだろうが、ゲストから不評だろうが、それを希望した新郎新婦の責任であって、お客様である新郎新婦お二人の希望が叶い、二人が満足ならそれで良い・・・ということが土台にあります。私たちは二人の希望に「素敵ですね〜!」「承知しましたー!」と言って具現化すれば、二人に当日まで気分よく過ごしていただけます。 “なんでも叶えてくれる良い人” で居られ、感謝されます。当日ゲストが「自己満足」と言ってようが、陰で囁かれるそれが二人の耳に入ることはほとんどないので、二人が希望が叶ってハッピーならばオーライです。
 
でも本当に二人だけが満足すればOK ですか?そもそも新郎新婦はお客様ですか?お客様ではなく『主催者』ではありませんか?その上結婚式を主催するのは初めてです。だからこそ例えば裁判をサポート・リードする弁護士や、治療方針を決めていく時の医師のように、事例や専門知識を活かしリードしてくれるプロフェッショナルのサポート、苦いことでもリアルを伝え考えてくれる存在が必要と思うのです。新郎新婦の何千倍という結婚式づくりの経験をしているウェディングプランナーが、本質的な役割でサポートしていくことができれば、もっと結婚式は変わると確信していましたし、私は二人だけの満足でなく、ゲストの思いも含めた結婚式の結果にこだわり、その為に尽力すること、それが“ウェディングプランナー”に求められる仕事と思っています。
 
私はお二人に対して「接客」しません。主催者であるお二人のパートナーとして、自分の経験や知識をフル活用し、全力でサポートさせていただきます。必要であればお二人にノーを言うこともあります。極論、お二人が結婚式に参加くださるこれからの未来・人生もお世話になる大切な人々に結婚式後嫌われてしまくらいなら、私が新郎新婦お二人に嫌われる方が、よっぽどマシとも思っています。その覚悟を持っていますし、そして当日、お二人が本気の拍手喝采の中に居てくださること、お二人の結婚式後の人生がより充実したものになることを心から願っています。
 
結婚式を人生のどの様な節目にするかはご自身次第です。
結婚式は選択の積み重ねです。そして結果は必ず選択の先にあります。
 
是非「式場探し」をする前に、二人が何のために結婚式を開催するのかを話し合ってみてください。そして私たちがお役に立てそうでしたら、ぜひお声がけいただければ幸いです。
 

遠藤 佳奈子

ウェディング以外のこと

主宰/ウェディングプランナー

遠藤 佳奈子

性格を一言で言うと:明るめのヲタク
身長174cm。仕事以外は超内向的。風貌や文面からかクールな人(怖い?)という印象を持たれているようで、会うと印象が随分違うと言われる。お酒はほとんど飲めない。
 
IG: @enkana インスタグラマーではなくウェディングプランナーであることに頑固に更新中。万人ウケするよりできるだけ素性が伝わればと思っています。
 
趣味:絵を描くこと/音楽(ライブに行くこと)/写真(特にフィルムカメラ)/スポーツ観戦(特に英プレミアリーグ)/映画/お笑い番組/食べること(料理)
 
音楽:Massive Attack, Fontaines D.C., Arctic Monkeys, Phoenix, The Strokes, Radiohead, IDLES, Joy Division, The National, Americanfootball, David Bowie, Bonobo, Jamie xx, Hudson Mohawke, サザンオールスターズ, 宇多田ヒカル, 米津玄師, 椎名林檎, The Bonez(幼馴染)
 
映画:The Big Rebowski(1998), Green Book(2018), Fargo(1996), Pulp Fiction(1994), Perfect Days(2023), San Junipero(2016 Black Mirror), The Dark Knight(2008), 2001: A Space Odyssey(1968), もののけ姫(2001)